がん保険と医療保険はどちらに加入すべきですか?

 

 

 

先日、20代の女性からこんなことを質問されました。

「がん保険と医療保険はどちらに加入すべきですか?」

 

皆さんは、なぜ、医療保険やがん保険に加入しましたか?

 

治療費に対しての備えをするためですよね。

 

ガンは2人に1人がかかると言われています。

そのガンの治療費は、どのくらいかかるのでしょうか。

 

たとえば、胃がんになったら、50万~60万円

乳がんは、診断された年ならば、60万円前後

ホルモン療法を行うと、治療期間も長くなり100万円程度が必要になります。

 

貯金があれば医療保険に加入しなくても大丈夫!

という考え方もあります。

 

実際にこのような考え方から保険に加入されていない方もいらっしゃいます。

しかし、治療が長くなれば、貯金額は減っていきます。

高額療養費も1か月ごとに限度額以上は支払った医療費が戻りますが、あくまでも1か月ごとです。

年収600万円の方ですと80,100円を超えた医療費は戻ります。

でもこれが1年続いたら80,100円×12か月=961,200円は自己負担です。

 

最近は、オーダーメイドでがん細胞をたたく治療法がとられることも多くなり生存率はあがりました。そのぶん、治療費もアップ。

 

もし、

公的医療保険が適用される保険診療ではなく、放射線治療の一種である重粒子線・陽子線などの先進治療を受ければ、効果があると言われました。

 

3割負担の公的保険はききません。

粒子線治療の技術料は約300万円!

 

皆さんなら、どうしますか?

 

正直、悩みますよね。

お金か。。。健康か。。。

お金で健康が買えるならば安いものだ。。。

 

だから、

通常の医療保険だけでは、カバー難しい場合が多いので、ガンにのみ手厚い保障があるがん保険が必要になってくるのです。

 

医療保険もがん保険も両方とも加入するのが理想だと考えています。が、家計次第です。

 

保険に加入する際の告知については、3か月以内、2年以内、5年以内と告知項目があります。

ただしがんに関してだけは「生まれてからこれまでがんに罹ったことがありますか?」という質問になります。

それだけがんについては告知がきびしいです。

 

医療保険に加入されていない皆さんは、

病気になってしまった時のお金のことをちょっとだけ想像してみましょう。

住民票の除票 取得するために区役所へ行ってきました。

 

先日、お父様を亡くされたAさんからこんな話を聞きました。

 

相続登記をするために死亡した父の「住民票の除票」を用意するように

司法書士先生から指示を受けたそうです。

 

死亡届の提出後だったので、父の所轄区役所に行けば、

当然のように取得できると息子のAさんは考えていました。

 

が、しかし、

区役所に行ったAさんは、除票の取得者が相続人であることを証明する戸籍の提出を求められました。

 

えええっ~印鑑と運転免許証だけしか持参していない。。。

 

なぜ相続人を証する戸籍が必要だったのか。。

死亡した父と世帯が別々、

父は練馬区 Aさんは愛知県と同居していなかったためでした。

 

父の戸籍や住民票の除票を取るために、息子であるAさんは役所に何度も足を運ぶ羽目になってしまいました。

 

相続手続は煩雑な手続きが多いと感じましたが、ただ、保険金受取だけがスムーズで助かりました。

 

というAさんのお話でした。

 

 

そもそも住民票の除票とは何でしょう。

除かれた住民票です。

 

どんな時に「住民票の除票」を使うと思いますか。

 

相続手続きだけでなく 車の廃車、譲渡や住所変更 休眠預金の利用手続きなどの際に

提出を求められることが多いのです。

 

また、住民票の除票の保存期間は、一般的に「5年」

 

司法書士の先生によれば、遺産分割で揉めているからと取得していないと

5年経過すると「住民票の除票」が取れなくなるので、この書類だけは早めに取得をしておきましょう。とのことです。

 

相続は、ある日突然やってきます。

色々な準備はお早めに。

 

 

 

https://wp.me/p9uMM2-gu

 

 

 

 

 

相続サポート協会のセミナーを開催しました。

7月20日(土)弊社にて相続セミナーを開催しました。

1部は~保険は相続対策に有効です~という題目で

FPの新井明子が、争続にしないための

保険の正しい活用法についてお話させて頂きました。

2部は~押さえておきたい相続法改正~という題目で

服部毅弁護士よりお話させて頂きました。

民法改正は実に40年ぶりのことで、相続について大きな変化となって

おります。

民法改正により、遺留分侵害額請求も現金で払わなくてはならなく

なりました。

また預貯金も相続財産となったため、銀行窓口での支払が

難しくなりましたが、一部を引き出すことが可能となりました。

ただし戸籍謄本や印鑑証明書は必要です。

ここでも保険の請求は簡単であることがおわかり頂けたかと思います。

 

次回は8月31日13時から

相続アドバイザーの守屋佳昭より不動産のお話

司法書士の小野紀子より家族信託のお話をさせて頂きます。

是非ご参加ください。

お申込みはinfo@lifeattedant.net またはFAX0364501368まで。

 

遺産分割前の相続預金の払い戻しが始まりました

40年ぶりの民法(相続法)改正で、この7月1日施行で始まりました。

 

【制度】

遺産分割が終了する前でも、各相続人が当面の生活費や葬儀費用の支払いなどのためにお金が費用になった場合に、被相続人の預金のうち一定金額を引き出しできるものです。

他の相続人の同意を得ることなしに金融機関へ仮払いを請求可能。

 

相続開始日(死亡日)が7月1日前でも、この制度は適用できます(改正附則5条)

 

 

【いくら払い出しができるか】

同一の金融機関(複数の支店に相続預金がある場合はその全支店)からの払戻しは、

150万円が上限。

 

計算式

払出しを受けられる金額=相続開始時の預金額(口座ごと)×1/3×法定相続分

 

 

【必要書類】

1. 被相続人の除籍謄本・戸籍謄本(出生から死亡まで連続したもの)

2. 相続人全員の戸籍謄本

3. 払い戻しを希望する相続人の印鑑証明書

 

 

上記の必要種類を銀行窓口に提出すれば、その場で完了。

と単純なことではなかった。

 

そうです。その場で150万円を引出せないのです。

が~~ん

金融機関も書類の確認が必要で、払出しには一定の時間が必要とのこと。

当然と言えば当然ですが。。。

また、書類の追加提出を求められたり、払出しを拒否されるケースもあるとのことです。

 

葬儀費用のために払い出しを考えていた親族にとっては、ちょっと辛い。

 

 

 

葬儀費用の工面だけで考えるならば、保険金は迅速です。

保険金請求は、通常5営業日で支払いがあります。

 

また、現在は11時までに連絡をすれば、午後に入金される会社や

1000万円までならば当日に入金される保険会社もあります。

 

この速さならば、お葬式代を心配することもなく、生活費の安心ですね。

 

配偶者が当面の生活費に困らないようにしておくことは、愛情表現の一つでないでしょうか。

本日、東京ドームホテルにてセミナーを開催しました。

三井のリハウス主催の

~知っておきたい「認知症」「認知症対策のための保険」「有料老人ホーム」

について~  セミナー・個別相談会が開催され、弊社上原が「認知症保険」についてお話させて頂きました。

70名を越す方が来場されて、認知症に対する関心の高さを感じました。

生保のみならず、認知症になってからの他人に対する賠償責任保険なども損保でも新しい商品が出てきています。

相続セミナー開催!

一般社団法人相続サポート協会が主催する相続セミナーが弊社で開催されます。

改正された民法(相続法)により、

この7月から相続を取り巻く環境が大きく変わり始めます。

わたくし、新井明子も7月20日第1部「保険は相続対策に有効です」というテーマで講師を務めます。

 

興味のある方は、ぜひご参加ください。

 

開催日時           令和元年7月20日(土)13:00~15:00

令和元年8月31日(土)13:00~15:00

会場                  ㈱ライフ・アテンダント

お申込み方法      TEL 03-6410-9916

FAX 03-6410-9917

 

認知症になったとき、介護等にどのくらい費用が必要でしょうか?

“家族や自分が認知症になったら・・・”と不安を感じている方も多いかと思います。

介護は、まるでゴールのないマラソンをしている状態。

認知症にならないことが一番良いことですが、こればかりは絶対的な予防方法はありません。

何事も備えあれば安心ですね。

そこで、皆様にお知らせです。

三井のリハウス 上野センター主催で、

プロに学べる無料セミナー「認知症・認知症対策のための保険と有料老人ホーム」を6月21日(金)に東京ドームホテルで開催します。

弊社も協賛させていただいております。

また、弊社の上原良恵が第2部「認知症対策のための保険」で登壇いたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

お問い合わせ・申し込み

三井のリハウス 上野センター 0120-988-896 10時~18時

 

日時  6月21日(金) 13:30~16:00

会場 東京ドームホテル 地下1階

 

無料セミナー(コーヒー付き)

【第一部】「知っておきたい認知症のこと」

~認知症とともにより良く過ごすために~

講師 古田光先生 (健康長寿医療センター精神科部長)

【第二部】「認知症対策のための保険」

講師 上原良恵 (㈱ライフ・アテンダント)

【第三部】「有料老人ホームの選び方」

講師 鈴木正和さん (ベネッセスタイルケア)

【第4部】個別相談会

 

https://wp.me/p9uMM2-fL

 

 

 

 

令和版「白い巨塔」を見ましたか?

5夜連続で山崎豊子さん原作の「白い巨塔」が放送されました。
ご覧になった方も多かったのではないでしょうか。

今回の財前五郎役は、岡田准一さん。
“相変わらず、かっこいいなぁ“と見ていたのですが、最終話で財前五郎が侵される病が膵臓がん。

番組を見ていて???なにか違和感が・・・

違和感の原因は、病気の種類でした。
以前の唐沢寿明さんが主役の時は、肺がん
田宮二郎さんが主役の時は、胃がん
今回は、膵臓がん

そうです。
胃がんや肺がんは、以前と比べて治せるものとなってきたためのようです。東京オリンピック後に再び連続ドラマ化が予定されているそうですが、どういった内容になるのでしょうか?

医療がどんどん発達して、尿を使って痛みもなく「がん」を発見できるように
なる検査も始まります。

医療はどんどん発展していきます。
保険契約も入りっぱなしでは、必要な時に「必要な保険」でなくなっているかもしれません。
車検をするように、保障の点検もお忘れなく。

プロに学べる無料セミナーを開催します!

“認知症・認知症対策のための保険”と“有料老人ホーム”セミナーを開催します。

日時 6月21日(金) 13:30~16:00
会場 東京ドームホテル 地下1階

弊社 ライフ・アテンダント㈱は、このセミナーに協賛しております。
第1部 「知っておきたい認知症のこと」
~認知症とともにより良く過ごすために~
(講師) 古田光 先生 健康長寿医療センター精神科部長

第2部(14:40~15:05)「認知症対策のための保険」
(講師) 上原良恵 ㈱ライフ・アテンダント

第3部 「有料老人ホームの選び方」
(講師)ベネッセスタイルケア 鈴木正和さん

第2部で、
弊社の上原良恵が、認知症になった時にかかる費用などを分かりやすく解説します。

ぜひ、皆様お越しください。

保険の見直しは必要?

 

医療保険の見直しは必要??

“見直しはできるだけ若くて元気なうちにするように心がけしましょう”を勧めています。それでは、見直しが必要かどうか3つの視点から考えてみましょう。

その1. 保障内容について。

30年ほど前は、
20日以上入院して、入院日額として1日当たり〇〇円の商品が多くありました。
現在は、日帰り入院から保障する商品が主流です。

これは、医療技術の進歩が大きく関係しています。
例えば、傷の少ない低侵襲治療(内視鏡手術やカテーテルなど)により入院日数が短期化しているためです。

どのくらい短くなっているかというと、
平均在院日数は、
平成10年 29.3日
平成26年 16.8日
と短くなっています。(厚労省のH26年医療施設調査報告より)

俳優の市村正親氏が、胃がんで入院した日数もわずか13日でした。

その2. 入院日数が短期化ということは、通院日数が増えるということですね。

その3. 治療の選択肢として「先進医療」が増えました。

この先進医療とは、
厚労省が定める「高度な医療技術を用いた治療」のことで全額自己負担となり、
高額です。
このように、加入中の保険と最新の医療保険を比較してみると、見直しが必要かどうかが
はっきりとします。

もし、現在加入中の医療保険が、現在主流の商品でなかったと仮定します。

あなたは救急車で運ばれ、胃がんがみつかり、そのまま入院手術。
開腹手術ではなく腹腔鏡下手術で、7日で退院しました。

入院7日だったために給付金がなかったり、手術方法が対象外のために
給付金を受け取れませんでした。

このように、保険料は支払っているのに、いざという時に受け取れないようなケースがあるかもしれません。
医療の進歩などによって、ニーズが変化するため、古い医療保険では対応できなくなっている可能性があります。

見直し方法は色々あります。
現在の保険を生かして、最新の特約を付ける。
最新の医療保険に加入する。
など、ご自身の加入状況によって変わってきます。

医療保険も日々、新商品が発表されます。商品知識が豊富な弊社にご相談ください。

https://wp.me/p9uMM2-fl