がん家系じゃないんで。。。

がん保険をおすすめした方からの言葉です。

医療保険に加入はされていますが、がん保険は未加入でした。
がん保険の主流は、入院したら一日5,000円とか10,000円の入院給付金ではなく、診断一時金が支払われるものになっています。

がんと診断されたら一時金として、100万円
放射線治療のための通院をしたら 10万円が毎月給付されるがん保険が増えています。

終身払いであっても、
がんに罹患したら、保険料の支払いが免除(保障は終身)などのように、がん治療のために働けなくなるリスクも踏まえての保険が主流です。

たしかに、がんは、遺伝や家系が関係していると言われた時代もありました。
近年の研究で、がんに罹患する原因は、遺伝のように先天的なものは少なく生活習慣によるものがほとんどとされています。

遺伝子に傷がつき異常な細胞ができ、その複数の遺伝子の異常が蓄積して周りに広がっていきます。
遺伝子の傷はDNAの傷を意味します。
タバコなどの外的な要因が遺伝子に突然変異を引き起こすことが分かっています。

がん保険は、加入したいと思った時に加入しましょう。なぜなら、がんに一度でも罹患したら加入ができないことがほとんどです。
2人に1人ががんになる時代。

がんと闘うための準備は万全ですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です