運転免許証への旧姓併記が始まっています。

令和元年121日から、希望に応じて運転免許証に旧姓が併記できるようになっています。

現在持っている運転免許証に旧姓を併記する場合は、裏面の備考欄に記載されます。

 

新しいものを再交付してもらう場合は、氏名の後にかっこ書きで旧姓を使用した氏名が記載されます。再交付の際は、2,250円の手数料がかかります。

 

旧姓併記は、旧姓が記載された住民票もしくは旧姓が記載されたマイナンバーカードの持参が必要です。

また、令和元年115日から住民票やマイナンバーカードに旧姓併記ができるようになっています。

夫婦別姓を望んでいた方々にとっては、一歩前進といったところでしょうか。

ただ、住民票とマイナンバーカードに旧姓併記をするための道のりは少々手間がかかります。

例えば、「山田」から結婚後に「佐藤」に変わったとします。

 手続きには、山田の記載されている戸籍謄本等から現在の佐藤が記載されている戸籍に至る全ての戸籍謄本等が必要となります。

血縁がなくても、名字が異なっていても、家族の形は様々だと思っています。
皆さんは、旧姓を併記しますか?

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です