不動産鑑定士 置鮎謙治先生をお呼びしました。第2回

9月11日弊社にて、不動産鑑定士 置鮎謙治(おきあい けんじ)先生を

お招きして講義をして頂きました。

 

1年ぶりのご登壇です。

今回のテーマは、「不動産査定書を読みこなす~押さえておきたいポイントはココ~」。

 

皆さんは、不動産査定書を見た経験ありますか?

経験のある方は少ないと思います。

ということは、“査定書”をみる時には何が書いてあるのか分かりませんよね。

 

例えば、健康診断の結果を見たときに、Γ―GTPやらクレアチニンやら

の項目があっても、それが何を示すものなのか、また、その数値の高低が

どう健康に影響するのか分からずに見ていませんか?

 

その?マークを!マークにするための解説を今回のセミナーで

講義でした。

売買時や相続の遺産分割時などに査定書が活用できます。

 

不動産鑑定士の鑑定の仕事は、情報とセンスがなければ成功しないのだと

実感しました。

 

ここで、置鮎先生のプロフィールをご紹介します。

 

不動産鑑定士

住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーCFP(R)

 

大学卒業後、政府系金融機関に勤務後、不動産鑑定士事務所勤務を経て

2008年10月に「おきあい事務所」をか設立。

 

不動産鑑定業務はもちろん不動産コンサルティング業務をはじめ

不動産・住宅ローン・相続を中心にライフプランニングを行っています。

執筆・セミナーも多く開催しています。

 

私見ですが、

人の話をよく聴くことができる方で、とても明るいので

何でも相談したくなる先生ですよ。

 

次回の置鮎先生のセミナー情報です。

日時    11月16日(土)13:30~16:30

テーマ   不動産調査のポイント

法令規制・権利関係、そして現場

講師先 ゆうちょ財団

参加費   4,000円

 

 

不動産売買などを予定されている方などは、

セミナー参加をお勧めします。

一度、置鮎さんのセミナーをのぞいてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です