令和版「白い巨塔」を見ましたか?

5夜連続で山崎豊子さん原作の「白い巨塔」が放送されました。
ご覧になった方も多かったのではないでしょうか。

今回の財前五郎役は、岡田准一さん。
“相変わらず、かっこいいなぁ“と見ていたのですが、最終話で財前五郎が侵される病が膵臓がん。

番組を見ていて???なにか違和感が・・・

違和感の原因は、病気の種類でした。
以前の唐沢寿明さんが主役の時は、肺がん
田宮二郎さんが主役の時は、胃がん
今回は、膵臓がん

そうです。
胃がんや肺がんは、以前と比べて治せるものとなってきたためのようです。東京オリンピック後に再び連続ドラマ化が予定されているそうですが、どういった内容になるのでしょうか?

医療がどんどん発達して、尿を使って痛みもなく「がん」を発見できるように
なる検査も始まります。

医療はどんどん発展していきます。
保険契約も入りっぱなしでは、必要な時に「必要な保険」でなくなっているかもしれません。
車検をするように、保障の点検もお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です