ソロ活 資金計画

老後のお金はどのくらい必要?


アラフィフ(50歳前後の方のことです)から、よくご相談を受ける言葉です

50歳を過ぎて、60歳の定年が視野に入って「老後」が現実味を帯びる。
不安からのお言葉です。

特に、未婚の方、今はシングルの女性は、男性に比べて給与も年金も低いとされています。
老後サバイバル資金計画・ソロ活資金計画をどう立てていけばいいのでしょうか。

まず、

  • 年金の金額のチェック
    「ねんきん定期便」で将来の見込み額が分かります。
    この定期便には、今の状態で60歳まで働いた場合の65歳からもらえる金額が表示してあります。
  • 現在の支出とリタイア後の支出のチェック
    総務省の家計調査によると65歳以上の女性単身世帯の消費支出 月平均14万円です。

通常は、年金収入-生活費=赤字となります。

この赤字を少しでも小さくするなどの対策はあります!

60歳以降も働く
50歳からでもコツコツ積み立てる
iDeco
NISA
個人年金に加入する
年金を繰り下げる

不安はまだありますよね。

病気になったり
介護が必要になったり
認知症になるかも

終活のお金も考えましょう。
生きるにも死ぬにも、お金が費用ですね。
おひとりさま道をまっすぐ歩くため、お金に目を背けずに考えてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS